生理調整について

生理日(月経日)はコントロールできます

日常生活を快適に過ごすために、どうしても生理を避けたいときってありますよね。
たとえば、旅行・スポーツ・結婚式などのときに生理が重なってしまうと非常に煩わしいものです。
そんなときはピルを飲むことで生理の日を移動させることができるのです。
ほとんどの場合、生理を1週間ほど遅らせることは簡単に行えます。
また、予定がわかっている場合は早めに来院してもらうことで生理を早めることも可能です。

月経日の移動に関しては健康保険を適応してはいけないことになっています。そのため自費診療としていただいております。

当院診療価格(問診・薬処方込み) ¥3,400

 

 

アフターピルについて

避妊に失敗した直後から12時間以内に緊急避妊ピルを飲めば妊娠する率は0.5%でほとんど妊娠することはありませんが、24時間を過ぎてから飲むと妊娠する率は1.8%と3倍以上になります。

緊急避妊の方法には薬を12時間の間隔で2回に分けて飲むヤッペ法やノルレボという緊急避妊薬を使う方法がありますが、方法の違いより避妊失敗からどれだけ早く緊急避妊ピルを飲むかということの方が重要です。

 

避妊失敗からアフターピルを飲むまでの時間  妊娠する確率

直後から12時間以内              0.5%

13時間から24時間以内            1.5%

25時間から36時間以内            1.8%

37時間から48時間以内            2.6%

49時間から60時間以内            3.1%

61時間から72時間以内            4.1%

当院診療価格(問診・薬処方込み) ¥9,000
※1日2回服用タイプ